きゅうり | c9zchq | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

きゅうり

返信

今日僕はカワイイ女の子の鼻水が舐めたくて仕方がない気持ちになりました。

鼻水を舐めると同時に鼻の下の皮膚もぺろぺろできたら素敵だと思いませんか。

鼻水の塩分濃度は血液や体液と同じ0.9%程度らしいので、少し塩分が効いています。

塩分濃度0.9%程度と言いますと、宮崎県など南国産のきゅうりとの相性が抜群ですから、

鼻水を0.2~0.3mgを口に含んだ後、3cm大の輪切りにしておいたきゅうりを素早く口の中に

放り込むのがベストな選択だと言えます。この時に、口の中でキュウリと鼻水を十分咀嚼して、

メレンゲ状に泡立ったトロっとした液体を作ることができれば完璧なのですが、このためには

成人男性で約10分間きゅうりを噛み続けなければいけません。これでは手軽にきゅうりと鼻水の

マッチングを味わうことができません。もっと手軽に女の子の鼻水きゅうりを味わう方法はないか。

私は考えた抜いた末にある方法にたどり着きました。それはきゅうりに食塩を振りかけて食べるのです。

この発想は斬新でしょう。これならば不快な思いをする女の子がいなくなって、美味しいきゅうりも

食べられる。みんな幸せです。みんな幸せになるはずでした。だけどみんな幸せにはならなかった。

なぜならば、女の子の鼻水を舐めたら素敵だと思う気持ちを塩きゅうりの味が超えられなかったからです。


こんなご時世ですから、全裸できゅうりを持った人間が下校中の小学生を待ち伏せなどしていたら、

犯罪者やかみつき猿らっきーと間違われて通報されかねません。それだけは避けなければなりません。

それでも僕は女の子を舐めたいです。全身全霊をかけてぺろぺろしたいです。僕はどうしたらいいんでしょう。

投稿者 c9zchq | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2021 HeartRails Inc. All Rights Reserved.