amazonカスタマーレビュー | c9zchq | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

amazonカスタマーレビュー

返信

・カナル型イヤホン:耳穴に挿入するタイプ(装着が肝)

 特徴:優れた遮音性。タッチノイズ→コードに触れたときのガサガサ音。耳に負担がかかる。

 対策:Y字型コードを仕様(SHURE掛け=耳の裏にコードを回す装着方法)。


・インナーイヤー型イヤホン:耳介に引っかけるタイプ

 特徴:開放型のため音漏れするが安定する


・音の高低

 低音→中音(フラット)→高音


・音のジャンル

 フラット(癖の無い音)→ドンシャリ(激しい音)


・評価基準

 低音の厚み・圧力・閉まり・ボワつき・低音のコモリ

 音質遮音性・音漏れ・装着感・コードの扱いやすさ

 抜けの良さ・音場の広さ・音のメリハリ・くっきり感

 迫力・音圧・立体感・コードの太さ長さ・強度・音域バランス

 高域シャリ付き(低価格特有)。ホワイトノイズ(相性×:ロック・ポップス)


・言葉

 DTM専用=デスクトップミュージック専用

 カマボコ型=音域分布の様子を表す。

 エージング効果=使い込むと良い音が出る効果(100時間程度~)


・外出用イヤホンの寿命1~2年(断線が主原因)。

・遮音性→音漏れ→低音を聞くのに必要以上にボリュームを上げる必要がない。

・低音と高音のどちらかが良い→反対の音域が潰れる(※ただし、安物に限る)。


私はカナル型を使っているんだけど、タッチノイズを防ぐために、

1.5mのコードを首から上主に頭へとぐるぐる巻きつける。

知らない人に見られたら、ただの変人か包帯の細すぎるミイラかと勘違いされる。

投稿者 c9zchq | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.